今週の日経想定

先週の値動き

先週の週足は予想通り陽線で終了。多くの人がそう思っていたと思うので買い方には儲けやすい週だったかも、という一方で週の前半はいつ急落するのかわからないという警戒感も混在したかと思います。

私は先週は自分のスタイルが崩れた一日があり、ドル円のロット数発注ミスで大きな手数料を払う羽目になったりしました。最終的に利益を確保して週を終われたことは幸運でした。

今週の展望

週足チャートから週間予想

  1. 先週の陰線の下髭長く、実体部は抱き線(トレンド転換の形に近い)
  2. この下落フラッグの中での過去の反発局面では反発2週目は上値切り上げ
  3. ドル円、クロス円が上昇トレンド、ビットコインも反発の兆し、つまりリスクオンともとれる
  4. とはいえ金利に敏感な金融相場が始まっていると思われリスクオンにみえて株価は下落の可能性もあり
  5. ボリバンはまだレンジと見てよさそう
  6. MACDは0ラインより下で下降トレンドから角度変わらず

これらからは上昇の要素の方が多い感じがする。

下降フラッグの中央レベル27900前後を試す場面ある確率は高いのでは?抜けたら28250前後まであるか。

下側は直近安値の26050前後までいく感じではなく26650前後までではないか。

チャートはTrading Viewより

日足チャートから

  1. 27000の下値を固めたような形。
  2. 1月5日の29428を起点としたフィボナッチでは50%戻しまであと少しのところで押し戻された。
  3. 重要サポート27650手前までは伸びたが抜けきれなかった。今週もう一度試して抜ける可能性あり。
  4. 27650前後を明確に抜けても27900前後が次のレジスタンス。このあたりでは一度押し戻されそう。
  5. 27900前後を抜けたら次は一気に28265前後を試すのではなかろうか。しかしここは売りたいところ。
  6. 下に向かう場合は26650前後が強いサポートか。
  7. 26650前後を下抜けしたら26050がターゲットになるのだろうけどちょっと遠い印象。

今週も上を試しに行く可能性が高いのでは?

チャートはTrading Viewより

今週の方針

買い目線継続。月曜日は押したところを買う。ストップは26950近辺。

週の中盤から後半にかけては売り目線になる可能性あり。

週足では陽線になりそうなことを頭に入れておく。