週刊日経#13

週足

始値 26926 高値 27761 安値 26566 終値 26714

今週は4週連続の陰線。実体小さく上に長いひげ。難しい相場だった。

始値から終値までの実体幅 -212円(先週-98円、2W前-698, 3W前 -590円、4W前+918、5W前+2,200円)

高値安値の幅 -1,195円(先週 -1,065円 、 2W前 -1,268、 3W前 -1,250円、4W前+1,255円、5W前+2,277円)

高安幅は5週連続1,000円以上の幅となり大きめのボラが今週も続いた。

先週26254から切り返した流れで週の半ばまで上昇。このまま上昇トレンドかに思えたがダウ急落に連れて日経も週末下落。今後の相場はさらに難しくなりそうだ。

FRBパウエル議長らの利上げ関連コメントにより米株市場が急落。5月利上げ0.5%は相場に織り込まれていたと思うが、6月利上げの市場参加者の予想平均値が0.75%以上になったと伝えられたことが急落の要因らしいが。

正直なところ、5月のFOMC(3日4日)あたりからの急落を想定していたので、個人的には不意打ち。ダウも日経も今回の下落を取れず悔しい土曜の朝となったが日曜日には平常心に(笑)

ここからさらに下落が進むのか、一旦落ち着くのかはわからないが「Sell in May(5月に売れ)」がすでに始まったという目線も持ちながら相場にのぞむ。

下降の並行チャネルは継続しており中央値近辺。MACDはゴールデンクロス後の並行継続。ボリンジャーバンドは少し下向きに。

下はザラバで3つ目の窓埋めとなる25824が終値から900円程度と射程距離

上側はこの状況では厳しいかもだが27800前後を抜けるかが注目点

日足

前半は勢いのない3連続陽線、後半は2連続陰線。特に木曜日の夜からの下落が1000円程度となった。

前半の動きではじわじわと上を狙う雰囲気があり上目線で見ていた。木曜日夜27761からの下落も単なる調整でそのうちまた上を向くだろうと思っていた。そして下落に乗るチャンスを完全に失った。またも下手くそ。

ダウの下落が激しく、月曜朝の日経はそのダウの下落チャートの形を追いかける可能性あり。その場合25800前後の窓埋めはもちろん、5月からは先月安値の24600前後も割り込む可能性も見えてきそう。

とはいえそうなる前に再び上昇モードもありうる。戻り相場になれば売る。

MACDは下向き継続。ボリンジャーバンドは下向きに変化。

日足(東京市場取引時間チャート)

今週もザラバ(東京市場取引時間)のチャート掲載も継続する。

変則4空の窓埋め完了となる4つの価格は27284、26862、25824、25441。

ダウが止まらなければ、5月上旬にかけて黄色のラインのような落ち方をする可能性あるかも。

とはいえ下げると見せかけて上がることも多いので一方向だけへの期待は持たない。

4時間足

黄色のトレンドラインゾーンを切ったところで打診売りすらできなかった。さらに青の横棒27100を切ったあたりにも売りのチャンスがあったのに気が付いたら抜けていた。いつもはこういうところにストップ売りを入れているのに入れられなかった。上目線が抜けきれなかったことが要因。反省。

下側は来週は26200を切る動きがあるとみてるので月曜日は積極的に売る。(ただし夜のダウの様子見必須

上側は27200を超えてきたらノーポジで様子見。

MACDは⇩向き継続。ボリンジャーバンドはエキスパンジョンの初動に見えており売りを示唆。

次週戦略

月曜日朝一は売り予定。そのまま26220を切ってきたら追加売り。反発あっても27000以下なら売り目線継続。25850近辺の窓埋めまでは戻りを売るくらいの気持ちで臨む。

ただし月曜の夕方からフランス大統領戦の結果が市場に反映されるはずで、かつ夜のダウが急反発する可能性も残っているので強気な売り戦略は月曜午後3時まで。

とにかくダウに左右されると思うので月曜日の夜のダウの動きは最重要とみる。

27000を超えたら一旦損切。27200超えたら様子見。上側にはついていかない。

個人成績

先週は週損益+18,128円。残高1,495千円。新年から16週連続の週損益プラスで累計利益は+495千円。

今週は先週よりさらにエントリー回数を減らした。水曜日と金曜日の買いでプラスを作れたが、大きな下落が取れなかったことは反省。

先週書いた方針「 26770~27230のレンジを抜けた方向につく」と「エントリーを減らす」は実行できた。2週連続続いた不調からは少し上向いたが得意の下落が取れなかったというのはちょっとショックだった。まだまだへたくそ。

最終日にぎりぎりプラ転という週が続いていたが今週はそこからようやく抜け出した。明日からの週は少し積極的に月曜日から攻めたい。ロット数も週の中で徐々に戻していくつもり。しかし我慢のトレードは続くだろう。

相変わらず大きいプラスを作れないでいるが、今は増やすことよりも、資金を大きく減らさないように心がける。そのうち調子が戻れば一気に稼げる日が来ると思ってるので気長に。