ドル円・長期チャート(16年間)

2019-03-24

以下のチャートはドル円の過去16年間の値動きを示した月足チャートです。月足とは、一本の棒が一か月間の値動きを示している、というものです。

ご覧のとおり、サブプライムローン問題、リーマンショックから約4年間、ドル円は124円近くから75円近くまで下落しましたが、その後4年弱かけて124円近くに戻ってきていることがわかります。

前回記事で述べた通り、ドル円など主要国同士の通貨ペアの組み合わせの場合、何十年もかけて一方向のみに動くということはほとんどありません。

そして2007年6月から2011年10月にかけて、4年半の下落局面でも、途中は大きく値を戻したりしながら下落に向かっています。つまり売りでも買いでも利益を取るチャンスは存在する、ということがわかると思います。

ちなみにドル円の場合は、
 ■下落=ドルが弱い=円が強い=円高
 ■上昇=ドルが強い=円が弱い=円安
となります。

ちなみに少なくともここ10数年間、世界の景気後退時には「円が買われます」。円は安全資産とみなされているからです。たとえ日本が不景気でも円は強くなります。不思議ですよね?理由についてはいつか簡単な解説をいれたいと思います。

ともあれ、景気後退の時は「株安・円高」になることを頭に入れる必要があります。株式相場はどんどん値を下げますので、株式を持っている人は「あーー、塩漬けだぁ、、、」と言いながら、価格が回復するのを長年かけて待つことになりますし、不景気の間に状況が変わってもう二度と上がってこない株になるかもしれません。

しかし日経株価指数を取引するなら「売りから入る」ことで利益を出しやすくなります。現物株を取引する人にとってはリスクヘッジにもなりますね。FXをやる場合なら「ドル円」や「ユーロ円」を売れば利益が出しやすくなる、ということになります。

では、どうやって為替や株価指数を売買するの?って話になりますよね?

次の記事では口座の開き方を説明していこうと思います。

Blog

Posted by TB_Master